Feed

2017年11月19日 (日)

漂着魚!

Img_3416

今日一番の大物です。斜めの太いラインと背鰭から尾鰭にかけて黒い斑点模様があるので、イサキ科のコショウダイの様です。
波打ち際に突然現れて、まだ尾鰭を動かす元気もあったので一旦海へ戻しましたが、波間を漂い弱っている様子でした。それで、復路でまた打ち上げられていたら持ち帰ると決めて戻ってみると案の定、、。でも入れる袋も無かったので、仕方なく両手で捧げ持つようにして駐車場まで運びました(笑)
サイズは54.5センチ、約2.5キログラム!夕飯だけでは食べきれない程でした^^
それにしても前にも経験済みとは言え、素手で大物ゲット出来るなんてびっくりです。
こんな魚が拾えるのは年明け後のイメージなので、今年は早いような??

2017年7月 5日 (水)

豪雨

Imgp9649
昼1時頃、職場の北側の窓からは青空と白い入道雲まで見えていたのに、帰宅後ニュースを見て驚きました。家の南側に見える背振山の向こう側は大変な集中豪雨に。前の九州北部豪雨を上回るとの話も聞くので、とても心配です。

2017年3月18日 (土)

干物

Imgp8086

今回のウスバハギ4匹は、全部しっかり干物になっていました。
そういえばハリセンボンはまだ見ていないような、、。

2017年2月21日 (火)

ウスバハギ

Imgp7964_3

Imgp8085_3

Imgp8063_2
今回のウスバハギも、3匹ともまだ鮮度を保っていました。
もう少し早ければ、カラスに勝てたでしょうか(笑)

2017年1月15日 (日)

アミモンガラ

Imgp7490_2

Imgp7691_2

時たま砂まみれの個体を見かけることはありましたが、今回は7匹中一匹だけ、まだカラスに目玉を突かれていない、活きの良さそうなアミモンガラが打ち上げられていました。
随分冷え込んで来ましたし、ようやく本格的なおさかなシーズンでしょうか♪

2016年9月15日 (木)

頭骨の一部?

Imgp6232

Imgp6235

Imgp6230

Imgp6222

ピンボケ写真で申し訳ありません~。
最初は、右側が頭部に繋がっている生きもの風に見えました(笑)
小魚の頭骨の一部だとすると、左が口側になるようです。

3センチに満たない小さな骨ですが、結構複雑な形をしていました^^

2016年5月30日 (月)

エイ

Imgp5301_5

20センチあまりの小さなエイ。エイの顔は今一つよくわかりません^^

2016年2月18日 (木)

ゴースト・フィッシング、、

Imgp3321_2

Imgp3322_2

昨日のShigeさんのブログで思い出しました。
昨年末のBCで見つけた魚。網に絡まったまま、まだ尾をパタンパタンと動かしていたので何とか外そうとしてみましたが、しっかり網に締め付けられていて、もたもたしている間にまた波に引き戻されて行きました。

寒さで弱った魚を探すのがこの時季の楽しみの一つではあるものの、こんなゴーストフィッシングで無駄に命を奪われてしまう姿を見るのは流石にちょっと辛いものがありました、、。

2016年2月12日 (金)

これも?

Imgp4074

何の骨か判りませんでしたけど、もしかしてこれもウスバハギでしょうか??

ウスバハギ

Imgp4077_3

Imgp4069_3

Imgp4073_3

Imgp4068_2

今季は全く見ませんでしたが、昨日は10匹近くも打ち上げられていました。カラスなどのよいご馳走になったようで、殆どが骨と皮状態。
数が多いので、丁度居合わせた野球チームの男の子たちも「またあった」と興味津々で突いていました。

そういえば、今季はムラサキダコも全然見かけませんね~。