紅皿 Feed

2015年9月17日 (木)

紅皿のかけら

Imgp2112

Imgp2110

これは既出の紅皿の欠片ですが、下二つは初めてのタイプ。
左は細かい唐草で、右は氷裂文のようです。どちらも淡いグリーンがかって綺麗な欠片でした♪

2015年8月26日 (水)

白と黒♪

Imgp1630

Imgp1651白は、これまでで一番小さな紅皿片。
黒は、くっきり付いた叩き文が嬉しい須恵器片です。

2015年6月29日 (月)

この欠片も♪

Img_2880 紅皿の欠片もありました。
貝殻に混じっていると、いっそう愛らしい感じです^^。

2015年3月10日 (火)

紅皿のかけら♪

Img_2557

一昨日は、あったらいいなと思っていた紅皿の欠片を見つける事が出来ました♪貝殻に形状が似ているせいか、紅皿というと春に出会う確率が高いです。

2014年3月29日 (土)

紅皿

Img_9233

Img_9231

Img_9230

Img_9229

既出の最近拾った紅皿ふたつです。
今回のは、近くに同じ欠片があったのでは?と思わせるほど割れ口が新しかったです。
似ていますけど、作りも釉薬のかけ方も夫々違っていました。

左 直径4cm  右 直径4.5cm

2014年3月 1日 (土)

紅皿♪

Img_8833

縁が少し削れているので完品とは言えませんけど、大満足の紅皿です。
本当は逆さになっていました。 ひっくり返してやっぱり~♪
大量の貝殻の中にあってもしっかり存在感を発揮していました(笑)。

2013年12月17日 (火)

陶片

Img_7507

Img_7511

Img_7577

今回も数は少なめでしたが、好きな欠片がいくつかありました。上の紅皿の欠片もかなり久しぶりです♪
只、2枚目の殆どは先を歩く旦那サマが見つけたものなのでちょっと悔しいですけど(笑)。

2013年5月12日 (日)

ままごと用?

Img_5210

Img_5205高さ13mm

Img_5206

Img_5207直径25mm

Img_5204

その小ささに感激したミニお茶碗は、貝殻のすぐ近くにありました。ままごと用でしょうか。こんなに小さくても両側に草文が描いてありました♪
内側と高台には、まだ釉薬が残っています。
2センチの最小サイズのアオイガイはすっぽり中に入りました(笑)。

2013年1月17日 (木)

紅皿?

Img_3869直径5.3cm

Img_3870

高さ1.5センチほどの小さな器です。
無地なので、そんなつまらない物をと夫には言われましたが、私は好きな質感の白磁です。形は古伊万里の本で見た紅皿とも似ていますので、そうだと嬉しいのですが。

2012年10月11日 (木)

これも紅皿?

Img_2734_22x3.5cm

Img_2733

こちらは「みや古紅」の文字入りの小さな欠片です。 今回一番目を引きました。 この文字と大きさからすると、紅皿のようです。

検索してみると、「みや古染」の瓶などは出て来ますが、紅皿まではなかなか辿りつけなくて、まだ詳しい事はわかりませんでした。

現在もみやこ染めを生産されている会社に問い合わせるのが早いのかも知れませんねーー。