漁具 Feed

2018年5月 5日 (土)

白樺浮きと

Img_0858

Img_0920_2

Img_0912

Img_0913

流石、本場の白樺浮きは、たまにフィールドで見つかる切れ端状態のものと違って巻きもしっかりしており、巻き終わりの隅取りを施した跡もちゃんと残ったものが殆どでした。

陶製の錘も小ぶりですっきりした形♪
もしかして、このタイプの錘の完品は初めてかもしれません~^^

2018年3月 5日 (月)

まるでドーナツ

Img_0096

同じ海岸に落ちていたドーナツにそっくりな物体です。
以前、網に下げられた同じ形状の石の錘がありました。
この近くにはよく見掛ける土錘の欠片もあったので、これもその一種でしょうか?

2017年4月22日 (土)

小宇宙^^

Imgp8199_2

Imgp8263_3

半分に割れたカエル浮きの中には、まるで小宇宙のような生き物たちの世界が広がっていました♪

2017年3月30日 (木)

ヒコーキ

Imgp8208

両側の金属製の板が、飛行機の翼のように見えるのでこの名前がついたとか。何れも後ろにルアーを結び付けて船で曳く道具の様ですが、潜行板が海中に潜って魚を誘うのに対し、ヒコーキは海面で水しぶきを上げることによって小魚の群れがいるように思わせるのだそうです。
潜行板はよく見かけますけど、このヒコーキは初めてでした♪

2017年3月 1日 (水)

白い貝殻風

Imgp8012
どっさり打ち上がった海藻の上に、見覚えのあるプラスチック製品がありました。漁具っぽい感じもしますが、何に使うの物なのでしょうね??

2017年1月13日 (金)

救命艇

Imgp7704

Imgp7685_2

Imgp7680_3

Imgp7584_2

Imgp7534_2

座礁船と共にインパクトがあったのが救命艇です。
ガムテープに「危険なので触らないでください」の海上保安庁からの注意書きがありました。

続きを読む »

座礁船

Imgp7497_2

Imgp7507

Imgp7517_3

Imgp7554_2

Imgp7543_2

前夜、座礁船のニュース映像を観てはいたものの、海岸へ着いて初めてこの海岸だったと知りました。フィジー船籍。中国から青森まで4000トンあまりの塩を運ぶ途中で荷崩れを起こし、操船不能で水深5メートルの浅瀬に乗り上げたのだそうです。幸い乗組員さんは全員無事で今のところオイル漏れも無いそうですが、、。

2016年11月24日 (木)

キャンディー♪

Imgp6873

あまり成果がない儘にとぼとぼ歩いていると、これがありました!
念願の、色鮮やかなキャンディー浮き♪
以前見つけた色褪せたようなタイプと違ってサイズも小さくぷっくりして、これこそイメージ通りのキャンディー浮きでした^^

2016年9月12日 (月)

お気に入りの海岸ー2

Imgp6191

同じ日の陶片以外です。
オレンジ浮きの下、「取宝漁具」の紡錘型浮子は初物でした^^

2016年9月11日 (日)

貫通浮き

Imgp6133

ロープに結ばれ、フジツボがびっしりと付着した貫通浮き。
ここまで年季が入ったタイプは珍しかったです^^