最近のトラックバック

ガラス Feed

2017年3月 6日 (月)

ホラー瓶^^

Imgp8086
大抵のガラス瓶は、中身はともかく、外側は比較的きれいな状態のものが多いのですが、珍しくギョッとするような瓶がありました(笑)
しばらくどこかに半分埋もれてでもいたのでしょうか?

2017年2月11日 (土)

コバルトブルー

Imgp7670_2

Imgp7448_2
中国製ウイスキーが入っていたらしいシンプルな瓶とまだ新しそうな欠片ですが、砂の上にポツンとあると、綺麗に見えました^^

この冬最強の寒波で、こちらも今朝は数センチほど雪が積もっていました。

2016年6月 7日 (火)

目盛り付き

Imgp5443

一度見てみたかった、目盛り付きの三角の瓶もありました♪
これは60cc入り?

2016年4月 7日 (木)

ガラス片

Imgp4993

レトロな雰囲気のガラス片が落ちていました。波打ち際から少し離れたこの付近には、他にも面白そうなモノが埋まっていそうです♪

2015年10月29日 (木)

これは思わず

Imgp2580_2

Imgp2597_2

買っちゃいました^^
先日の骨董市で、ガラス浮きは自分で見つけると誓ったものの、このインク壜は当分フィールドからは見つかりそうも無いしという訳で即決購入、、。

2015年4月10日 (金)

漂着物は

Img_2767

Img_2723

Img_2724

波の穏やかな湾内で、江戸時代に埋め立てられた場所も多いとあったのでどうかなと思っていましたが、面白いものも幾つかありました♪
吹き墨の陶片や、ネズミらしき動物が描かれた銅版転写の欠片、小さな薬瓶まで!

2015年3月31日 (火)

「お染椿」

Img_2676

Img_2678

砂浜の端の、時々小瓶を見つけた同じ場所で、今回は「お染椿」のエンボスのある瓶を掘り出しました。 傷だらけで少し欠けもありますが、割れていないのは貴重品です^^。
新しいカメラで撮った現地写真は見事にピンボケでした(笑)。

2014年6月20日 (金)

またしても、、

Img_0359

数は少ないとはいえ、ミニアオイガイや陶片などは拾えたのですが、今回もカメラの電池切れ。予備に持っていったのは使い物にならずで、暑い中折角出掛けたのに写真があまり撮れませんでした。
岩場には、ピンクのハマナデシコも咲いていたのに残念でした~。

2014年6月17日 (火)

小壜

Img_0150_2

形が歪に写っていますが、同じ日に拾った6x5.5cmほどの小壜です。
下の方に「PIAS COLOR」のエンボスがありました。
見つけた時はまだ新しいようにも見えましたけど、PIASは1947年創業の化粧品メーカーだそうなので、そこそこレトロな可能性もあるでしょうか。

2014年1月14日 (火)

「目薬 アドラ」

Img_8155

口の部分が欠けていますが、これまで見つけた中では一番状態の良い目薬壜です♪
それにしても「アドラ」って。まるで怪獣モノにでも出てきそうな名前(笑)。
大正から昭和にかけて製造された、アドレナリン配合の、瞳孔を拡張させる作用のある目薬だったようです。
紫外線が心配な浜歩きでは、どちらかといえば逆の作用の目薬が欲しいところです。