型打ち Feed

2013年1月28日 (月)

Img_3918_2

Img_3919_2

先日の欠片と微妙に蓮弁の形は違いますが、その他の特徴はよく似ている欠片です。
先日のものは釉薬が少ししか残っていませんでしたので青磁かと思いましたが、これを見ると緑釉の陶片という感じです。

2013年1月 9日 (水)

小片

Img_3777

Img_3778

このふたつの型打ちの小片は、割れたばかりのようです。
こちらではあまり見掛けない、少し古いタイプの陶片のような気もします。この他にも、今回は
いつもよりちょっと前の時代のものが出て来ている感じです。

2012年3月27日 (火)

型打ちの陶片

Img_0584_54.5x6cm

Img_0585_2
型打ちの溝の部分がうっすらと青味がかっていて上品な印象の陶磁片です。
そういえば、昨夜のTVで有田の作家さん達が、何れも古伊万里の陶片を大切に手元に置いて作陶に励んでおられました。こうして今も意味ある物として大事にされていると思うと、改めて漂着陶片に対する愛着も増してくるような気がします。