人物文様 Feed

2014年12月 9日 (火)

鉢♪

Img_1617

Img_1618

この日一番の収獲物です。復路で見つけました。
ずっしり重くて小さめ鉢のような感じです。縁の辺りは擦れていますが、見込みは新品状態でした。 庭で追いかけっこをしているような唐子が二組、その上には極細の墨弾きの線で小花が描かれていて、よく見ると中々可愛らしい絵柄です♪

往路で、「完品が海の中からぽ~んと出て来たりして」と冗談で話していたのと丁度同じ辺りで、いきなり目の前に本物が現れたのでびっくりしました。
そしてこの興奮も冷めやらぬ内に、美味しいおまけまでありました^^。

外径13.4cm 高さ6.6cm

2014年3月26日 (水)

大変そう

Img_9171

肩に荷物を担いだ上に大きな傘まで差して、見るからに大変そうです。
こういう欠片は特に他の部分も見てみたくなります。
3x4cm

2013年3月16日 (土)

竹林賢人図文

Img_4384_2直径8.3cm

Img_4324_2

Img_4381

これは初めての、あまり賢人っぽく無い!?竹林賢人図文様の欠片です。
少し厚手で、太い竹の部分には型押しが施されています。
口縁の部分も厚みがあるので、筆筒か箸立てのようなものでしょうか。

2013年3月 6日 (水)

人物文様

Img_4174

Img_4268

Img_4260

前回の公家風の人物と、今回のは舟遊びの人でしょうか。
魚でも見つけたかのような表情が面白いです。

2013年1月27日 (日)

誰でしょう?

Img_3915

ちょっとニヒルな表情のこのキャラクターは思っていたのと違ったりして、いったい誰なのか結局まだ探し出せていません。
昭和40年代の雰囲気もしますけど~。
本当は今日、海へ行きたかったのですが、雷注意報まで出ていたので諦めました。

2013年1月21日 (月)

唐子と?

Img_39208.5x12.5cm

Img_3921

Img_3738

3人の唐子がついた煮物碗の蓋のような欠片には、唐子と唐子の間に細かい笹竹の文様が金彩か何かで上絵付けされていたようです。そんなに古くはなさそうですが、人物文様は数が少ないので、迷いつつも拾ってしまいます~。
下右の髭の人物は誰でしょうね。

2012年11月16日 (金)

福助

Img_3329_36x6cm

Img_3331_3

こんな可愛い福助の欠片もありました。
銅版転写にピンクとブルーの部分は手彩色のようです。

2012年11月 7日 (水)

人物

Img_31185.5x5cm

Img_3119

これも初めての、女性の顔の部分が描いてある欠片です。
どんな服装なのか分かるともっとよかったのですが。

Img_3156仙人?

Img_31576x6.5cm

下は既出のものですが、編集の都合上、最初の頃の欠片を再アップします。

2012年7月25日 (水)

見覚えのある小皿

Img_22005x10cm

Img_2180

この文様、どこかで同じものを見た覚えがあるのですけどー。
公家と僧侶。春頃だったような気がして、もしかしたら左側には桜かなにかがあって、この人物は在原業平ではなかったかなーと。
何とか同じものをまた見つけだせればすっきりするのですが。

2012年7月24日 (火)

馬に乗ってるお坊さん?

Img_22016x12.2cm

Img_2178

最近小さな欠片ばかりでしたので、久しぶりに模様の面白さが楽しめた銅版転写の欠片です。
樹木の右側の白く抜けた部分は指跡のような感じもします。
馬に乗ったお坊さんは三蔵法師(それしか知らなくて)でしょうかーー。