陶片 Feed

2017年4月12日 (水)

再会?

Imgp8468_2

Imgp8450_2

変わったタイプの陶片がありました。実物は浅めの朝顔形の器のようです。初めてだけれど見覚えのある形、、(笑)
まだ寒かった時季に、波打ち際でコロコロ転がり出ては消えていった器に似ています。陶片というより土器片のような感じもします。

2017年2月24日 (金)

灯明受皿

Imgp8071

Imgp8070

周囲はすっかり削れていますが、灯明受皿っぽい陶片もありました。

2017年2月 4日 (土)

連弧文?

Imgp7452

同じ日に、これも初めての文様付きの欠片がありました。
まだ正体はよくわかりませんが、雷文の様な直線と、連弧文のような曲線の組み合わせが面白いです♪

2016年12月17日 (土)

陶片

Imgp7201

Imgp7185

海岸の傾斜がかなりきつくなっているせいかどうか、陶片はそれほど多くありませんでした。前回見つけて浜崖に埋め込んでおいた軒丸瓦は、まだそのままに♪惜しいけれど持ち帰るのも躊躇するようなあれこれは、時々こうして遊んでいます(笑)

2016年1月28日 (木)

残念!

Imgp3673

Imgp3671_2

これもやっぱり砂に埋もれている口縁部分はギザギザに欠けていました。写真写りはほぼ完璧ですけどね~(笑)
これまで見た覚えのないタイプなので検索してみると、文様や、高台が小さい等の特徴がこれとよく似た唐津焼がありました。本当にそれと同じだと嬉しいのですが、、。

2015年9月26日 (土)

うまい具合に

Imgp2127

Imgp2144

昨日の丸いシーグラスの近くにはこんな陶片も。
壷の底でしょうか、大きな石の間に挟まれても、いい感じに形を保っていました♪この海岸では、他にも少し大きな珪化木や見慣れない陶片も拾えました。

2015年5月 8日 (金)

とっても気になる

Imgp0635

Imgp0636

Imgp0462波の穏やかな日に海を眺めていると、時々大きな貝殻のような物体が見えることがあります。遠いし、波の揺らめきではっきりとはしませんが、砂に埋もれかけた器のようにも見えたりして、かなり悩ましい存在。

寄せ波が強くて、貝殻がジャラジャラ音を立てて打ち寄せているような日には、一緒に陶片も揚がって来ないかと、とっても気になります(笑)。

2015年4月25日 (土)

陶片

Imgp0374

Imgp0502

Imgp0510_2陶片もいくつかは面白いものがありました。
1枚目は仕切りのある大きな土器片、3枚目は小さな油壺の口の部分でしょうか。

2015年4月16日 (木)

消えていたもの

Img_2702

Img_2700今月4日のBCに戻ります。
往路で見つけた潜航板と幅30センチ以上はあった大きな甕の欠片です。復路では甕の欠片ほ消えていて、高い方へ移動させていた潜航板も、紐の先だけは辛うじて確認出来ましたが、本体はすっかり砂に埋もれていました。陶片を含む多くのものが、こんな風に海と浜を行きつ戻りつしているのでしょうね。

2015年4月 3日 (金)

これも

Imgp0087

少し前にお気に入りの海岸で見つけた、おろしがね風の陶片と文様はよく似ています。 只、こちらはルレットで引いたような線が更にラフな感じで入っていて、石のように重くて分厚くて、元は何だったのかよく判らない陶片です。