気象文様 Feed

2014年1月10日 (金)

雪輪のかけら

Img_8141

Img_8142

Img_8112

5.3x9cm お気に入りの海岸で。
これまでは3枚目のような小片ばかりでしたのでちょっと嬉しい、くらわんかの雪輪の湯飲み碗の欠片です。

2013年2月 8日 (金)

ポップな雪輪

Img_3958

Img_3960

今日は雪模様でとても寒かったですね。
これは1年前にもUPした、お気に入りの海岸で見つけた雪輪の欠片ですが、先日の波佐見焼きを特集したTVでこの文様も「くらわんか」の文様として紹介されていました。
これもそうなんだ!と目からウロコで嬉しくなりました。

2013年1月30日 (水)

波と蛇籠?

Img_3554

Img_3556

この陶片自体はそれほど古いものでは無さそうですが、珍しく波頭を丁寧に描いてあります。
カメラも無い時代、昔の人は観察力も現代人よりずっと鋭かったかも知れませんね。
後ろの籠のような文様は、水辺にあるので川などの護岸用に使われたという蛇籠でしょうか。

2013年1月17日 (木)

桜と雪輪?

Img_3843

ほぼ完品のお湯呑みです。蛸唐草の瓶を見つけた場所近くの水の中で、まだゆらゆら揺れていました。
一見これも現代のものかとも思いましたが、桜をかたどった緑の吹き墨は、以前Bの海岸で見つけたレトロなお皿の欠片と似ています。雪輪(五弁ですけど)も今の季節にぴったりで、好きな文様なので持ち帰りました。
陶片集めを始めて間もない頃、これを見つけたのと同じ場所で、やはり水中にお茶碗が漂っているのを見つけたものの、ま、いいかとそのまま放置して後悔したことがありましたので、最近は家で吟味することにしています~。

2012年10月28日 (日)

波頭文

Img_29194x5cm

Img_2920

Img_22344.7x5cm

Img_2235

この形は二つとも、多分波頭文様ではないかと。

2012年5月22日 (火)

雪輪

Img_17503x6.5cm

Img_1751

Img_1768

Img_1770

可愛い雪輪の中に草が描いてある、よく似たタイプの欠片です。唯、微妙に厚みが異なるので同一では無いような気もしますけど。

2012年1月 6日 (金)

この箱には

小寒の今日、タイミングよくポップな雪輪が入っていました。
柔らかい雰囲気の白磁も一緒に。Img_0581_2

龍の陶片の内側の雷文ですが、これも大小のある描き方が今日のMASAさんのと似てました。外側は普通に等間隔に描いてあるのですが。

Img_0586