最近のトラックバック

生き物 Feed

2018年12月16日 (日)

コデマリまつり⁇

Img_2851

Img_2853_2

Img_2857_2

Img_2972_2
前回見つけたちびウニの中にもちょっと怪しいウニが数個混じっていました(笑)今回はかなりの数のコデマリウニっぽいのがあったのですが本物でしょうか?

2018年12月 4日 (火)

残念!

Img_2453

Img_2476

Img_2538

数ミリサイズのちびウニやイトカケガイの仲間。左下に見えている茶色いのは、もしかしてクリイロカメガイでしょうか?
他にこれと質感が似ている貝殻がいくつかあったのですが、よく見るとどれも違ったので、写真を見るまで、まさか本物のクリイロカメガイがあるとは思っていませんでした~。

それにしても、今日の最高気温は26度越え!湿度も高くて気持ち悪い暑さでした。

2018年12月 3日 (月)

小さいけれど

Img_2467

Img_2475

Img_2474

Img_2472
2年連続となってしまった猫のお弔い後のBCですが、去年の春はアオイガイ、今回は面白い微小貝のラインがありました♪
最後のブンブク(孫が見つけてくれました)は、2センチ程と小さいけれどオオブンブク??

2018年11月 6日 (火)

大物は

Img_2256

Img_2272

今回の「大物」は、ルリガイの近くに漂着していたイノシシ!
何度出遭っても驚かされますが、今回のは毛の色も黒いし、まるで生きているかのような恰好でした^^
この海岸でイノシシを見たのは、これで4、5頭目!?

2018年10月15日 (月)

ギンカクラゲ

Img_1997_2

Img_1993_2

Img_1995_2

Img_1998_2

ギンカクラゲと言っても、感触体と呼ばれる青いひらひらが取れたものばかり。ざっと数えたら、主に満潮線上に、200近く(海岸の3分の2程の距離で)ありました。
まるで、キノコの傘か大根の輪切りが干乾びたみたいに褐変したものが殆どでしたが、結構どれも大きくて、最大では直径6センチもありました。

2018年10月 4日 (木)

居る?居ない?

Img_1811

Img_1810

この時季恒例の、汀のカマキリ達。お腹の膨らんだカマキリはボ~っとした様子。下の細身のカマキリは、ヘロヘロながらも陸に頭を向けていました。あまり想像したくはないけれど、お腹のハリガネムシの存在は如何に~??

2018年8月 2日 (木)

昔とった杵柄

Kimg0103

Kimg0115crop

1枚目は潮見展望台から眺めた海の中道方面です。こちらにはアサギマダラもいました。
大型のカラスアゲハの仲間等も♪夢中でこの蝶を追いかけた頃の思い出が蘇り、孫の虫捕り網を借りてゲット。もちろん直ぐに逃がしましたよ~^^

ギンカクラゲ

Img_1587

風が強くなった事もあって、磯でのウミウシや夜のカブトムシ探しは不発に終わりましたが、海岸ではムラサキダコ1体と小さなギンカクラゲ2個体が見つかりました♪

2018年6月21日 (木)

ムラサキダコ

Img_1439_1

Img_1455_1

生き物系ではムラサキダコ。
体を随分食べられてしまっていた個体と、体長50cmほどの漂着したばかりのムラサキダコがいました。

2018年5月22日 (火)

タコマク♪

Img_1152

波が高いので波打ち際を歩けない場所もありましたが、タコノマクラ確率の高いいつもの海岸では、いつもより一回り小さいサイズが拾えました^^