最近のトラックバック

生き物 Feed

2018年1月 9日 (火)

大物回収

Img_3788_4

Img_3789

一昨日、海岸の折り返し点付近にあった物体です。
質感は骨っぽいものの形の見当が付かなかったので、取り敢えず波の届かなそうな場所へ移動させておきました。帰宅後確認してみると、下の写真は鯨類の肩甲骨の一部と似ている感じもしたので、旦那サマに頼み込み、小1の孫を引き連れて、雨の中回収に行って来ました(笑)骨だとすると上の写真は断面?
2年前に見つけた大物は確認し損ねたので、折を見て今度こそは博物館で教えて貰おうかと思います^^

2017年12月25日 (月)

椎骨

Img_3712

先端部が夫々欠けていますが、椎骨らしい骨がありました♪
縦10センチ、横16センチ程です。大きさ的にはイルカでしょうか?

2017年12月21日 (木)

ネズミかな?

Img_3545

Img_3544

モダマやジオクレアと同じ日に拾った4センチ程のブンブクの仲間。大きな棘も無かったし凹みも小さいので、これはヒラタブンブクじゃないのは間違いないですよね~?
ネズミブンブクでよいでしょうか?

2017年12月19日 (火)

タツノオトシゴ♪

Img_3527

Img_3530

1枚目右は、2015年12月に見つけたタカクラタツです。
左側が先日波打ち際で見つけたタツノオトシゴの仲間。体長は約17~18センチ程です。検索してみた中では、クロウミウマに似ている気がしますが??

2017年12月15日 (金)

昨日の収穫は

Img_3483

残念ながら、携帯で撮った写真がPCに取り込めず写真をアップ出来ませんが、昨日1箇所だけ覘いた海岸で、2匹目のタツノオトシゴをゲットしました♪

2017年12月 7日 (木)

冬のカシパンまつり♪

Img_3460_2

Img_3481_2

Img_3479

ウニの仲間繋がりで、2か所目の海岸ではハスノハカシパン?を、潮が引き始めた波打ち際のあちらこちらで拾うことが出来ました。しかも今回は確認した10数個の内、欠けの無い個体が4個も♪
春にはスカシカシパンの欠片が沢山あった海岸なのでこれも探しましたが、こちらは欠片1個だけでした。

2017年12月 5日 (火)

ヒラタさんではない

Img_3426

Img_3488

ブンブクと言えば、これまではヒラタブンブクばかりでした。
今回のはもう少し丸っこくて、あかずきんさんが見つけられた
ネズミブンブクと似ている気もします。
漂白液に浸けておいたら、残念ながら1枚目の小さい方(モダマのすぐ近くにありました)は、壊れてしまいました。

続きを読む »

2017年9月 9日 (土)

今年もいました、、

Imgp0136

海の方へ身体を向けた、汀のカマキリ。近づいても、こちらへ目を向けたままボ~っと固まっていて、体内に寄生したハリガネムシに操られているのかと思うと、小さくても鬼気迫るものがありました。
本来ならば川や池等の淡水へ向かうのでしょうが、海水との区別まではつかなくて、近い水場である海へ行ってしまう場合もあるとか、、。
遥か昔の幼稚園児の頃、図鑑で見たハリガネムシが本当にいるのか確認した時のことが甦りますが(苦笑)、その頃は、ハリガネムシがカマキリをコントロールするなんて想像もつきませんでした^^

2017年9月 5日 (火)

青いクラゲまつり♪

Imgp0076_2

Imgp0158_2

Imgp0157_2

Imgp0074

Imgp0156_2

Imgp0150_2

Imgp0145_2

青と言っても、ギンカクラゲ等のブルーよりは淡い色。
ビゼンクラゲ(以前はスナイロクラゲとされていたタイプ?)でしょうか。
往路だけでも点々と30匹程が漂着していました。重量感たっぷりで、加工すれば食用になるとの事♪
只、クラゲに刺されると、後で中華のクラゲや納豆を食べた際等にアナフィラキシーを起こした例もあるそうなので、やはり直に触れるのは要注意かも知れませんね。

でも、一度にこれだけの数の漂着を見たのは初めて。
その神秘的な姿に、クラゲも面白い!と改めて思いました^^

2017年8月27日 (日)

砂茶碗

Imgp0025_2

この海岸で見たのは初めてのような気がする砂茶碗です。

カメラの不具合で写真はありませんが、今日は福岡市博物館へ出掛けて来ました^^