最近のトラックバック

生き物 Feed

2018年5月22日 (火)

タコマク♪

Img_1152

波が高いので波打ち際を歩けない場所もありましたが、タコノマクラ確率の高いいつもの海岸では、いつもより一回り小さいサイズが拾えました^^

2018年5月21日 (月)

サルパー2

Img_1208

Img_1190
汀線上には、小さなサルパが固まって漂着している場所がありました。先月の伊王島で見たものよりスリムな感じ??
今回のは少し時間が経っているようでしたが、前回の活きの良いサルパは拍動するように力強い収縮を繰り返していました。
これでもホヤの一種だそうですけど、何れにしても透明な生き物って不思議で面白いです♪

2018年4月30日 (月)

浜男!

Img_0869_2

福井の水晶浜近くで信号待ちをしている時に見かけたワンちゃん。この犬が、Shigeさん達のブログでも何度も紹介されていた「浜男」だと、あかずきんさんに教えて貰いました。
片脚の先を失くしながら10年あまりも野良として生き抜いている姿には驚きですが、この時も寛いだ様子で、地元の人たちから可愛がられているらしいことが伝わって来ました。

2018年4月 6日 (金)

サルパ

Img_0699_3

Img_0678

Img_0681_3
ハダカゾウクラゲと同時に多く打ち上げられていた、やはり透明な生き物。こちらはサルパの仲間の様です。
大きさは4センチ程度、こちらもまだ動いているのもいました。ゾウクラゲ等の仲間には、このサルパを捕食するものもいるそうです。

ハダカゾウクラゲー2

Img_0684_2

Img_0685_2

Img_0692_2

Img_0698_2

Img_0677_3

こちらの小さいグループは、もしかしたら違う種類のハダカゾウクラゲの可能性も?大きいタイプに比べて、こちらは打ち上げられた後も、割と元気に動いていました。

ハダカゾウクラゲー1

Img_0745

Img_0744

Img_0703

Img_0693

Img_0697

近海で見られるハダカゾウクラゲ科には4種類程いるそうです。おおよそ15センチ位の大きいグループは、内臓核と呼ばれる部分の形等からすると「ハダカゾウクラゲ」でよいのかな~と。

2018年4月 5日 (木)

正真正銘の!?

Img_0628_2

Img_0673_3

化石拾いの翌日帰る間際、釣りとBCを兼ねて宿の近くの海水浴場へ。小さな浜なのであまり期待していなかったのに、想定外の生き物が続々現れました♪

あっという間に歩き終えて、魚はいるのかと海の中を覗き込むと面白いクラゲが何体も漂っていました。そしてその中に立ち泳ぎの格好で、す~っと現れたのがこれです。去年の夏、正体不明の透明な切れ端を見つけた時にその存在を知った「ハダカゾウクラゲ」ではないかと~。
この個体を掬い上げたのを機に復路で確認してみたら、大小計12個体が漂着していました。
体は柔らかいゼリー状、体表面は素手で触るとざらざらしていました。クラゲと付いているのに、これが巻貝の一種というのも驚きです。


2018年2月26日 (月)

タカノハガイと

Img_0248

Img_0263

殆どモノは無いけれど、綺麗なサクラガイの仲間だけでも拾っておこうと集めていると、初物のタカノハガイやヨツカドヒラフジツボ?を見つける事が出来ました♪

2018年1月 9日 (火)

大物回収

Img_3788_4

Img_3789

一昨日、海岸の折り返し点付近にあった物体です。
質感は骨っぽいものの形の見当が付かなかったので、取り敢えず波の届かなそうな場所へ移動させておきました。帰宅後確認してみると、下の写真は鯨類の肩甲骨の一部と似ている感じもしたので、旦那サマに頼み込み、小1の孫を引き連れて、雨の中回収に行って来ました(笑)骨だとすると上の写真は断面?
2年前に見つけた大物は確認し損ねたので、折を見て今度こそは博物館で教えて貰おうかと思います^^

2017年12月25日 (月)

椎骨

Img_3712

先端部が夫々欠けていますが、椎骨らしい骨がありました♪
縦10センチ、横16センチ程です。大きさ的にはイルカでしょうか?