最近のトラックバック

2018年3月29日 (木)

土曜日の海岸

Img_0264

Img_0283

Img_0286
残念ながら完品とは出会えず縁がギザギザの器ばかり。でも今回は久々に陶片が沢山揚がっており、可愛らしい文様の欠片もいくつもありました♪
それに加えて、途中ですれ違った顔馴染みの方からも山ほど陶片を分けて頂いたので結構な数に(笑)只、その方からは漂着ゴミ回収に関する行政機関同士での問題も伺って、色々考えさせられました。

2018年3月22日 (木)

先月の海岸

Img_0073_2

すっかり日付が前後しますが、先月初旬、桜島を南に望む鹿児島湾内の海岸です。

Img_0167

綺麗な貝殻は期待外れでしたが、風化した古い貝殻の山からは、こんなコバルトブルーも覗いていました♪

2018年3月 5日 (月)

まるでドーナツ

Img_0096

同じ海岸に落ちていたドーナツにそっくりな物体です。
以前、網に下げられた同じ形状の石の錘がありました。
この近くにはよく見掛ける土錘の欠片もあったので、これもその一種でしょうか?

2018年3月 1日 (木)

カモメも

Img_0148_3

Img_0149_3

ハリセンボンを数えていた時、遠くにちょっと変なシルエットのカモメがいるのが目に入りました。少し近寄ってみると、左の翼がおかしな事に。仲間と一緒に飛び立つことも出来ず歩き回るばかりでした。
こんな鳥を見ると、どうしたものかといつもモヤモヤしてしまいます。今日の春の嵐に翻弄された生き物もきっと沢山いたのでしょうね、、。

続きを読む »

2018年2月27日 (火)

4080..!

Img_0094

Img_0125

Img_0141

Img_0157_2

Img_0160_2

あかずきんさんの記事や糸島でのハリセンボン漂着のニュースを聞いて、前にカシパンを拾った海岸を今月17日に覘いて来ました。すると想像以上に大量のハリセンボンが!
1000匹は超えているかと試しに数えてみたら、約1時間半あまりで4080匹も。時間が無かったのでそれ以上数えるのは止めましたが、端まで歩けばもっとあったのは確かな様です。

乾いた砂の上と濡れた砂、大まかに新旧のラインがあり、もう砂に埋もれかけた個体からまだ微かに息をしている個体まで状態も様々でした。

2018年2月26日 (月)

タカノハガイと

Img_0248

Img_0263

殆どモノは無いけれど、綺麗なサクラガイの仲間だけでも拾っておこうと集めていると、初物のタカノハガイやヨツカドヒラフジツボ?を見つける事が出来ました♪

今日の海岸

Img_0261_2

Img_0210_2

Img_0255

Img_0243

すっかり更新が滞ってしまいましたが、今日は結婚式帰りに、
鹿児島の海岸を2箇所ほど歩いて来ました。
1枚目のシラス台地の崖が迫る小さな浜にはいくつものツキヒガイの欠片が。2枚目の、一見何も無いように思えた人工ビーチでは面白いものが拾えました♪

今月は帰省以外に大分、鹿児島へ2回ずつ、海岸も何度も歩きましたが、カメラの買い替えなどもあってブログまで中々辿り着けませんでした^^

2018年2月 5日 (月)

使っていたのは誰?

Img_3844

Img_3872

丁度3年前に、あかずきんさんから、竈の様な物ではと教えて頂いたのとよく似たタイプの大きな陶片です。
黒い煤が付いた様な跡もあります。そう古い時代のものでは無いのかも知れませんが、持ち手は指の引っ掛かり具合も良くて、面白い陶片でした。

2018年2月 4日 (日)

春なのに

Img_3877

Img_3886

立春なのに寒すぎですね。
近所の庭の白梅の木には、まだ花が無いのを怒ってでもいるかの様に(笑)盛んに囀っているメジロがいました。

でも、先日の海岸には一足早く紅梅が♪

2018年1月28日 (日)

マジ!?

Img_3873

Img_3881

あまり時間も無かったので途中で引き返しましたが、復路の最後に嬉しいもの発見♪
45x42ミリ。横からみると、そろばん玉みたいに中央が膨らんでいます。これってヒメモダマでよいですか??