2017年10月 2日 (月)

嬉しいのは♪

Img_3294_2

Img_3307_2

Img_3314_2

漂着物はまだ少なくて、ブログも間が空いてしまい申し訳ありません。
でもその間、BC仲間の皆さんとは嬉しい出会いを重ねることが出来ました。

数年前に冬の海岸で偶然お逢いした田代恒雄さん。先週個展に伺いましたが、陶磁器片や流木などを用いて制作された鳥の造形作品群はとても力強くてユーモラス^^まるで命を吹き込まれたかの様にどの作品も生き生きとしていて感動しました。

そしてあかずきんさんと北海道ののらさんとは、糸島の海岸でビーチコーミング♪
この日は波が高くて、のらさんの作品に使って貰えそうな貝殻があまり無いのが残念でした。寄り物も少ない中、あかずきんさんはギンカクラゲ、のらさんはレアなヒシの実を発見! 私は、お二人と一緒に海を満喫出来たのが何よりの幸せな一日でした^^




2017年9月11日 (月)

ミサゴ

Imgp0144

Imgp0134

Imgp0131

Imgp0141

いつもは河口の上空付近で見る機会の多いミサゴが、汀線上をいい感じのコースで飛んで来ました。
そろそろ、鳥達もまた渡りの季節でしょうか。

2017年9月10日 (日)

モモタマナ

Imgp0135

ビゼンクラゲ以外何もないのかと思っていたら、モモタマナが一つだけありました♪

2017年9月 9日 (土)

今年もいました、、

Imgp0136

海の方へ身体を向けた、汀のカマキリ。近づいても、こちらへ目を向けたままボ~っと固まっていて、体内に寄生したハリガネムシに操られているのかと思うと、小さくても鬼気迫るものがありました。
本来ならば川や池等の淡水へ向かうのでしょうが、海水との区別まではつかなくて、近い水場である海へ行ってしまう場合もあるとか、、。
遥か昔の幼稚園児の頃、図鑑で見たハリガネムシが本当にいるのか確認した時のことが甦りますが(苦笑)、その頃は、ハリガネムシがカマキリをコントロールするなんて想像もつきませんでした^^

2017年9月 5日 (火)

青いクラゲまつり♪

Imgp0076_2

Imgp0158_2

Imgp0157_2

Imgp0074

Imgp0156_2

Imgp0150_2

Imgp0145_2

青と言っても、ギンカクラゲ等のブルーよりは淡い色。
ビゼンクラゲ(以前はスナイロクラゲとされていたタイプ?)でしょうか。
往路だけでも点々と30匹程が漂着していました。重量感たっぷりで、加工すれば食用になるとの事♪
只、クラゲに刺されると、後で中華のクラゲや納豆を食べた際等にアナフィラキシーを起こした例もあるそうなので、やはり直に触れるのは要注意かも知れませんね。

でも、一度にこれだけの数の漂着を見たのは初めて。
その神秘的な姿に、クラゲも面白い!と改めて思いました^^

2017年9月 4日 (月)

昨日の海岸

Imgp0161_3

Imgp0088_2

こちらは約3箇月振りの海岸です。
少し気温が下がったせいか、殆ど人が居なかった先日の海岸とは打って変わって、駐車場も満杯でした。

ちょっと面白いお祭りも開催中♪

2017年9月 1日 (金)

夏が過ぎて

Imgp9979

Imgp9981

水遊びの名残のおもちゃ。
9月になったと同時に、ようやく真夏日と熱帯夜から解放されました^^

2017年8月27日 (日)

砂茶碗

Imgp0025_2

この海岸で見たのは初めてのような気がする砂茶碗です。

カメラの不具合で写真はありませんが、今日は福岡市博物館へ出掛けて来ました^^

ハマボウフウ

Imgp9983

ハマボウフウの果実にも、こんなに完熟したものがありました。
この中で、一体どれだけの種子が発芽して育つのでしょうね。

2017年8月24日 (木)

ノブドウと

Imgp0030

Imgp0006

今日も相変わらずの真夏の暑さ。
でも、海岸のノブドウやハマタマボウキの果実はもう色づき始めて、着実に秋は来てると少しホッとしました♪