最近のトラックバック

2017年3月13日 (月)

漂着イノシシ

Imgp8155

Imgp8133

Imgp8165
1枚目、体長1メートル近くの大きなイノシシと、別の海岸の穴の中とその近くに、まだ子どものイノシシが横たわっていました。島へ泳いで渡ろうとして溺れた親子の可能性も?

2017年3月12日 (日)

アオイガイ♪

Imgp8153_3

Imgp8130_2

Imgp8150_3

Imgp8143_2
2枚目と3枚目のアオイガイの破片は、ぴったり合わさったので同一個体の様です。と言う訳で、計3個確認出来ました。2枚目のはちょっと期待しましたが、掘り出してがっくりでした(笑)

2017年3月11日 (土)

今日の海岸

Imgp8085

Imgp8100

Imgp8119
出発時間が遅かったので、いつもの海岸方面へ。
大潮の干潮時で、海藻採りの人や貝掘りの親子連れの姿もありました。漂着物は悲喜こもごも。

3.11の今日は、海岸近くでも、東日本大震災への追悼のサイレンと放送が流れていました

2017年3月 6日 (月)

ホラー瓶^^

Imgp8086
大抵のガラス瓶は、中身はともかく、外側は比較的きれいな状態のものが多いのですが、珍しくギョッとするような瓶がありました(笑)
しばらくどこかに半分埋もれてでもいたのでしょうか?

2017年3月 2日 (木)

黒い貝殻

Imgp7939
こちらは本物の黒い貝殻。かなり大きくてアリソガイのようです。
貝殻が黒くなるのは、マンガンの沈着が主な要因と先日Shigeさんに教えて頂きました。
そういえば、深海底で見つかるマンガンノジュールは、岩石の欠片やサメの歯等々を核として、直径10センチ程度に成長するまでに数百万年から数千万年単位の時間がかかると聞きました。深海底ではありませんし、また別の成因もあるのでしょうが、もしそうだとすると、こんな風に黒くなるだけでも相当の年数が経っているのかも知れませんね。

2017年3月 1日 (水)

白い貝殻風

Imgp8012
どっさり打ち上がった海藻の上に、見覚えのあるプラスチック製品がありました。漁具っぽい感じもしますが、何に使うの物なのでしょうね??

2017年2月24日 (金)

灯明受皿

Imgp8071

Imgp8070

周囲はすっかり削れていますが、灯明受皿っぽい陶片もありました。

2017年2月23日 (木)

ひょうたん♪

Imgp8068

Imgp8048

陶片は数える程でしたが、何故か瓢箪文様がふたつも^^
下の雨龍と組み合わされた絵柄は、丁度3年前に拾った蓋と対の可能性もありそうです。

2017年2月21日 (火)

ウスバハギ

Imgp7964_3

Imgp8085_3

Imgp8063_2
今回のウスバハギも、3匹ともまだ鮮度を保っていました。
もう少し早ければ、カラスに勝てたでしょうか(笑)

2017年2月20日 (月)

2個目の

Imgp8057
前回に続き2個目の、マンシュウグルミらしきクルミがありました♪