« はっととりっく 笑 | メイン | 紅皿? »

2018年6月25日 (月)

須恵器片

Img_1218

Img_1468_1

上は前回拾ったもの。下の今回拾った方はちょっと分厚い欠片でした。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/559173/34132220

須恵器片を参照しているブログ:

コメント

須恵器は技術的に高度な渡来人が、
いろいろ調べると面白いですね。
 芦屋の波懸け大橋調査のさい応援してくれた
K姐さんは土器片接着の名人でした。
スゴイですよ点の接点ですからね
私にはあの根気がないなー

昭ちゃんさん
須恵器はしっかり焼き締められていて、
欠片にも独特の魅力がありますね♪
詳しいことは未だ全然ですけど、面白そうですよね~。
土器片接着、今はとても無理ですけど、
若い頃にはトライしてみたかった事のひとつです(笑)

おっまた見つけましたかっ!!
これは須恵器の甕ですね。こんな当て具がしてあるものは大体が甕です。(必ずとは言えない)

土器の復元なら、須恵器はやりやすいですよ。欠片が足りない所は石膏やら石粉粘土で強引に復元しちゃって下さいね。

ですが、何十回もやってますけど何回やっても根気がいりますよ、、、

上の写真の須恵器は新しそうだなぁ......
奈良、平安くらいかな

大きさのわかる写真をメールで送付しました
さすがですね。!!。

各田卩臣さん
新しくて、奈良平安なんですね(笑)
今のところ、須恵器は殆どこの当て具の跡だけが頼りです^^
海揚がりの欠片から復元するのはハードルが高いですけど、
土器に限らず、ひとつくらいそんな風に形にしてみたいですね~♪
それにしても各田卩臣さんは、もう何十回もご経験済みなのですか!


昭ちゃんさん 
折角お送り頂いたのに大変申し訳ありません。
やっぱりメールの送受信がうまく出来ないみたいです~。

まあ一応、一応ですけどそちらの方を専攻してますので.....
旧石器~奈良位まではOKですよ。

須恵器の生産が終結するのが大体平安時代なので、須恵器としては一番新しいですね。(にしても十分古いですけど)

各田卩臣さん
すごい!旧石器時代からですか。

須恵器はいつ頃まで生産されていたのか、いまひとつ分からないでいました。
また色々教えてください^^

了解郵送しますので参考にしてー

昭ちゃんさん。
いつもお気遣いありがとうございます^^
お手数おかけしてすみません~。

私の勉強だから心配しないで
今日送ります。

昭ちゃんさん 有難うございます^^

コメントを投稿