最近のトラックバック

« 2018年3月 | メイン | 2018年5月 »

2018年4月

2018年4月30日 (月)

水晶のかけら♪

Img_0945_4

今回1番の拾い物の水晶の欠片です♪
親指の先ほどの大きさで、水晶本来の形とは随分かけ離れているものの、私にとっては何よりの宝ものになりました(笑)

浜男!

Img_0869_2

福井の水晶浜近くで信号待ちをしている時に見かけたワンちゃん。この犬が、Shigeさん達のブログでも何度も紹介されていた「浜男」だと、あかずきんさんに教えて貰いました。
片脚の先を失くしながら10年あまりも野良として生き抜いている姿には驚きですが、この時も寛いだ様子で、地元の人たちから可愛がられているらしいことが伝わって来ました。

2018年4月29日 (日)

福井の海岸

Img_0910_3

Img_0865_6

Img_0931_3

Img_0879_3

Img_0908_3

一昨日、昨日と福井迄、あかずきんさんと同行させて頂いて、ShigeさんのBC講座へ参加して来ました。室内は満員の盛況で、目を輝かせた小さな子どもたちに混じっての受講はちょっと気が引けました(笑)
でも、素晴らしいShigeさんの貝殻標本づくりの講座はもちろん、お気遣い頂いた先輩の皆さん、フルに車でご案内くださったあかずきんさんのお蔭でとっても充実した時間が過ごせました♪
皆さまありがとうございました^^

2018年4月22日 (日)

昨日の海岸♪

Img_0834

Kimg0193

Photo

昨日の海岸は、思った通りの干乾びそうな暑さ、、。
でも波はとても穏やかで、波打ち際に今年初めてのアオイガイがありました~♪

2018年4月10日 (火)

鍋田横穴群

Img_0472

Img_0382_2

Img_0384

ちょっと見えづらいですけど、先日のサクラ並木の対岸にあった熊本県山鹿市、7世紀後半の鍋田横穴です。
菊池川の支流の岩野川に面しています。前にも休憩で立ち寄ったのに、3枚目のレリーフには今回初めて気付きました。
人物と盾の間には弓や馬等も彫られていて、とても興味深かったです^^

2018年4月 8日 (日)

北帰行ー2

Img_0252

Img_0819

Img_0726

Img_0723
1枚目は、2月末に出水経由で鹿児島から帰る際に、初めて目にしたナベヅルです。それだけでも嬉しかったのですが、思いがけず北帰行まで目の当たりに出来て今年はツルの当たり年?

海には対馬暖流に乗って到着したばかりの不思議な生き物、空には北へ旅する鳥達。最初に浜に着いた時には想像もしなかったスケールを感じて、伊王島は忘れられない場所になりました^^

尚、下3枚はー1の写真をトリミングしただけです~。

北帰行-1

Img_0659

Img_0664

Img_0820

Img_0717

Img_0668
観察を終えてふと気づくと、1枚目左手の山影から?大きな黒い鳥の群れが現れました。カラスでもないしトビでもないし一体何の鳥~??と思いながら見ていると、上昇気流を捉えたのか旋回しながら一気に高度を上げて5枚目の雲のある方向へ飛び去って行きました。
カメラをチェックするとツルらしいというのだけは判ったので帰宅後に調べてみると、同時刻にすぐ近くで確認された方もいらして、朝、出水を飛び立った約200羽のナベヅルの群れで間違いなさそうでした。

2018年4月 6日 (金)

サルパ

Img_0699_3

Img_0678

Img_0681_3
ハダカゾウクラゲと同時に多く打ち上げられていた、やはり透明な生き物。こちらはサルパの仲間の様です。
大きさは4センチ程度、こちらもまだ動いているのもいました。ゾウクラゲ等の仲間には、このサルパを捕食するものもいるそうです。

ハダカゾウクラゲー2

Img_0684_2

Img_0685_2

Img_0692_2

Img_0698_2

Img_0677_3

こちらの小さいグループは、もしかしたら違う種類のハダカゾウクラゲの可能性も?大きいタイプに比べて、こちらは打ち上げられた後も、割と元気に動いていました。

ハダカゾウクラゲー1

Img_0745

Img_0744

Img_0703

Img_0693

Img_0697

近海で見られるハダカゾウクラゲ科には4種類程いるそうです。おおよそ15センチ位の大きいグループは、内臓核と呼ばれる部分の形等からすると「ハダカゾウクラゲ」でよいのかな~と。